« 「問責」評判悪い…自民参院国対委員長が謝罪 | トップページ | 算数苦手な自動販売機様 »

2012年8月31日 (金)

橋下改革で援助打ち切り…国際機関支部、奈良へ

奈良県の荒井正吾知事は31日の定例記者会見で、大阪市住之江区にある国連の世界観光機関(UNWTO)アジア太平洋センターを11月にも奈良市内に誘致する、と発表した。

 橋下徹・大阪市長の市政改革の一環で同市が今年度、センターの関連財団法人への援助を打ち切ったのを機に、センターが移転先を探していた。

 UNWTOはスペイン・マドリードに本部を置く国際機関。センターはアジア太平洋地域の観光振興を目的に1995年、大阪府泉佐野市内に開設され、国際会議開催や途上国の観光開発支援などをしてきた。

 橋下知事時代、府は、センター関連の財団法人の職員に国土交通省OBらがいることを理由に、2009年度でこの法人の賛助会員を外れ、会費(年間350万円)の支払いをやめた。

 その後、賛助会員だった大阪市が10年4月に誘致したが、11年12月、橋下市政が誕生。市は府同様、今年度から年間300万円を援助する賛助会員を外れた。

 支援を受けられる自治体を探していたセンターに、賛助会員の奈良県が今年3月、誘致を申し出た。荒井知事は記者会見で「存在感を発揮できるよう支援したい」と述べた。

(2012年8月31日15時57分  読売新聞)

|

« 「問責」評判悪い…自民参院国対委員長が謝罪 | トップページ | 算数苦手な自動販売機様 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 橋下改革で援助打ち切り…国際機関支部、奈良へ:

« 「問責」評判悪い…自民参院国対委員長が謝罪 | トップページ | 算数苦手な自動販売機様 »