« 政局:自民、午後にも不信任案…公明に容認論 | トップページ | 仏紙、福元を「信じられないほど鮮やかな防御」 »

2012年8月 7日 (火)

いじめ火傷痕多数、学校はその子に自主退学要求

仙台市の私立高校2年の男子生徒(16)が、同級生からたばこの火を腕に押しつけられるなどのいじめを受けたとして6日、仙台東署に被害届を出した。

 同署は傷害事件として捜査を始めた。生徒側によると、傷痕が他の生徒に動揺を与えるとして、学校側から自主退学を求められたという。

 男子生徒の母親らによると、生徒は昨年11月頃から、同級生4人にいじめを受け始め、殴る蹴るの暴力を受けたほか、今年5月下旬には、4人のうちの1人から計22回にわたり「根性焼き」と呼ばれるたばこの火を押しつける行為を受けたという。生徒の左腕には今も傷痕が残っている。

 生徒と母親は6月に学校に相談したが、いじめは止まらず、担任の前で暴力を受けても、何も対処しなかったとしている。今月3日に学校側と話し合い、同級生らはいじめの一部を認め、生徒に謝罪。その後、生徒部長を務める教諭から口頭で「傷痕が尋常ではなく、ほかの生徒に動揺を与える」などとして退学を求められたという。

 学校側は読売新聞の取材に「傷があったことは認識しているが、いじめかどうかについては、事実関係を確認しているところなので答えられない」としている。

(2012年8月7日12時04分  読売新聞)

|

« 政局:自民、午後にも不信任案…公明に容認論 | トップページ | 仏紙、福元を「信じられないほど鮮やかな防御」 »

いじめ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: いじめ火傷痕多数、学校はその子に自主退学要求:

« 政局:自民、午後にも不信任案…公明に容認論 | トップページ | 仏紙、福元を「信じられないほど鮮やかな防御」 »