« 困難な「解散」判断、問責で揺らぐ民自公路線 | トップページ | 会長におじぎ遅れ社員が左遷 »

2012年8月30日 (木)

内部被曝の人々、極力結婚するな…生態系協会長

公益財団法人日本生態系協会(東京都豊島区)が都内で開いた政策塾で、池谷奉文会長(70)が行った発言について、福島市議会の佐藤一好市議らが29日、訂正を求めて記者会見した。

 池谷会長は7月9日、佐藤市議ら地方議員約70人が参加した「第12回日本をリードする議員のための政策塾」で講演。市議らの指摘を受け、29日に同協会が発表した講演要旨によると、「内部被曝、これがどうしようもないんでございまして、放射能雲が通った、だから福島ばかりじゃございませんで栃木だとか、埼玉、東京、神奈川あたり、あそこにいた方々はこれから極力、結婚をしない方がいいだろう」と発言したとされる。

 佐藤市議は「我が耳を疑った。到底容認できない」と強く批判した。一方、池谷会長は読売新聞の取材に、「放射線に注意した上で結婚や出産してほしいという助言で、間違ったことは言っていない。現段階では訂正することは考えていない」と話している。

(2012年8月30日10時37分  読売新聞)

|

« 困難な「解散」判断、問責で揺らぐ民自公路線 | トップページ | 会長におじぎ遅れ社員が左遷 »

経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 内部被曝の人々、極力結婚するな…生態系協会長:

« 困難な「解散」判断、問責で揺らぐ民自公路線 | トップページ | 会長におじぎ遅れ社員が左遷 »