« 日朝赤十字会談:今後の協議継続などで合意 | トップページ | ロンドン五輪・14日目の注目競技 »

2012年8月10日 (金)

安住財務相:総選挙後、大連立の可能性

毎日新聞 2012年08月10日 11時59分(最終更新 08月10日 12時34分)

安住淳財務相=西本勝撮影

安住淳財務相=西本勝撮影

 安住淳財務相は10日午前の閣議後の記者会見で、年内に実施される可能性がある衆院解散・総選挙後の政権の枠組みについて、「(民主、自民、公明3党による税と社会保障一体改革関連法案の成立合意が)大きな土台、礎になって次のステップに行くことは十分あり得る」と述べ、民・自両党などが大連立を組む可能性があるとの認識を示した。次期総選挙では民主党政権に対する厳しい評価が示されるとの予測を踏まえた発言と見られる。

 安住氏は同日午後成立する一体改革関連法案について「これほど難易度の高い法案が、厳しく対立する与野党で乗り越えられたのは歴史的成果」と評価し、「他のさまざまな問題について乗り越えられないものはない」と語った。【清水憲司】

|

« 日朝赤十字会談:今後の協議継続などで合意 | トップページ | ロンドン五輪・14日目の注目競技 »

経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 安住財務相:総選挙後、大連立の可能性:

« 日朝赤十字会談:今後の協議継続などで合意 | トップページ | ロンドン五輪・14日目の注目競技 »