« 五輪陸上:ボルト上機嫌「俺は生きる伝説になった」 | トップページ | 安住財務相:総選挙後、大連立の可能性 »

2012年8月10日 (金)

日朝赤十字会談:今後の協議継続などで合意

毎日新聞 2012年08月10日 13時18分

 【北京・米村耕一】北京で行われていた日本赤十字社と北朝鮮の朝鮮赤十字会による会談は10日午前、協議継続などで合意し2日間の日程を終了した。今回の会談は戦時中や終戦直後に北朝鮮で死亡した日本人の遺骨の収集や遺族による墓参に関する意見交換が目的。朝鮮赤十字会の李虎林(リ・ホリム)事務総長は会談終了後、「真摯(しんし)な協議ができ、互いに相手方の立場を理解できるようになった」と述べ、協議の進展を示唆した。

 日朝赤十字の会談は02年8月以来10年ぶりで、金正恩(キム・ジョンウン)第1書記の体制下では初めて。日本側には行き詰まっている日本人拉致問題に関する日朝間の協議再開の糸口にしたい思惑がある。

|

« 五輪陸上:ボルト上機嫌「俺は生きる伝説になった」 | トップページ | 安住財務相:総選挙後、大連立の可能性 »

北朝鮮」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 日朝赤十字会談:今後の協議継続などで合意:

« 五輪陸上:ボルト上機嫌「俺は生きる伝説になった」 | トップページ | 安住財務相:総選挙後、大連立の可能性 »