« ロンドン五輪・14日目の注目競技 | トップページ | 血尿 »

2012年8月 9日 (木)

世界の雑記帳:南アフリカで大雪、「ホワイトウェディング」の夢かなう

2012年08月09日 18時01分

8月7日、30年以上ぶりの大雪となった南アフリカのヨハネスブルクで、「ホワイトウェディング」を夢見ていたカップルが挙式した。写真は喜ぶ市民ら(2012年 ロイター)

8月7日、30年以上ぶりの大雪となった南アフリカのヨハネスブルクで、「ホワイトウェディング」を夢見ていたカップルが挙式した。写真は喜ぶ市民ら(2012年 ロイター)

 [ヨハネスブルク 8日 ロイター] 30年以上ぶりの大雪となった南アフリカのヨハネスブルクで7日、「ホワイトウェディング」を夢見ていたカップルが挙式した。

 挙式したのはルイ・モカさんとモニーク・ジューベールさんの2人。結婚は来年にする予定だったが、ヨハネスブルクに雪が降ったことで、ジューベールさんの親族が地元のラジオ局に連絡し、2人の「夢」を伝えた。ラジオ局は急きょ花束やウェディングケーキ、リムジン、カメラマンなどを用意し、2人は生放送で挙式することとなった。

 最後にヨハネスブルクに雪が降ったのは5年前。南アフリカの気象当局によると、同市で降雪が確認されたのは過去103年間でわずか12回だという。

 今回の雪は1981年以来の大雪となり、新聞各紙は雪に覆われたヤシの木や、雪の降った動物園で座り込むライオンなどの写真を一面に掲載した。

 雪を見るのが初めてだった市民も多く、「とてもエキサイティングだ。雪を目にする日が来るとは思わなかった」と話す男性もいた。

|

« ロンドン五輪・14日目の注目競技 | トップページ | 血尿 »

話題」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 世界の雑記帳:南アフリカで大雪、「ホワイトウェディング」の夢かなう:

« ロンドン五輪・14日目の注目競技 | トップページ | 血尿 »