« AKB48・前田敦子:卒業公演を彩るメッセージ募集 Google+の書き込みが紙吹雪に | トップページ | 社説:領土外交 国際世論を味方にせよ »

2012年8月21日 (火)

大泉洋:自身原作のSPドラマに住職役で出演 「親父がくれた秘密〜下荒井5兄弟の帰郷〜」

2012年08月20日

スペシャルドラマ「親父がくれた秘密 〜下荒井5兄弟の帰郷〜」に出演する大泉洋さん=テレビ東京提供

スペシャルドラマ「親父がくれた秘密 〜下荒井5兄弟の帰郷〜」に出演する大泉洋さん=テレビ東京提供

 俳優の大泉洋さんが書き下ろした舞台作品「下荒井兄弟のスプリング、ハズ、カム。」が原作のスペシャルドラマ「親父がくれた秘密〜下荒井5兄弟の帰郷〜」(テレビ東京系、9月12日放送)に、大泉さん自身が出演することが20日、明らかになった。ドラマの舞台となる下荒井家の菩提(ぼだい)寺の住職・瀬戸川源公役として出演した大泉さんは「自分の原作の作品に出られてよかったです、本当に。このドラマがすてきになることを祈ってます」と喜びのコメントを寄せている。

 「下荒井兄弟のスプリング、ハズ、カム。」は、大泉さんが脚本と演出を担当。大泉さんが所属する演劇ユニット「TEAM NACS(チーム・ナックス)」の第13回公演として09年2〜4月に全国で59公演が行われたほか、DVD化もされ3万5000枚以上を売り上げている人気作だ。

 今回のドラマ版では、映画「神様のカルテ」や「ガール」を手がけた深川栄洋(ふかがわ・よしひろ)監督が、初めてテレビドラマを担当。両親の十三回忌で久しぶりに兄弟が一堂に会することになり、三男・剛助(大森南朋さん)が家と土地を金に換えようと画策する一方で、他の兄弟がそれぞれ抱えている内緒の事情が徐々に露見していき、揚げ句の果てには、下荒井家の知られざる秘密が暴露されていく……というストーリー。下荒井家の長男・大造役はユースケ・サンタマリアさん、次男・大洋役は小澤征悦さん、五男・修役は永山絢斗さんがそれぞれ演じるほか、舞台で大泉さんが演じている四男・健二役は高良健吾さんが務める。大森さん演じる剛助の妻・佳代役に長谷川京子さん、兄弟の父・奏助役は橋爪功さんが務めるなど、豪華キャストが顔をそろえた。

自身の作品がドラマ化されることについて、大泉さんは「大変うれしい気持ちでいっぱいです。近年こんなに喜んだことはないんじゃないかっていう」と大喜び。原作はドタバタ喜劇ということから、「あのままドラマ化するのは、ちょっと無理だろうと思って、どんな脚本になるのかなと思ったら、まさかここまで変わってしまうとはという仕上がりでした」といい、「ドラマ版の下荒井もとてもすてきなお話で気に入っています」とコメントしている。ドラマは、9月12日午後9時〜11時8分に放送予定。(毎日新聞デジタル)

|

« AKB48・前田敦子:卒業公演を彩るメッセージ募集 Google+の書き込みが紙吹雪に | トップページ | 社説:領土外交 国際世論を味方にせよ »

芸能・アイドル」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 大泉洋:自身原作のSPドラマに住職役で出演 「親父がくれた秘密〜下荒井5兄弟の帰郷〜」:

« AKB48・前田敦子:卒業公演を彩るメッセージ募集 Google+の書き込みが紙吹雪に | トップページ | 社説:領土外交 国際世論を味方にせよ »