« 阪神:引退表明の金本「8割しんどく、残りが喜び充実感」 | トップページ | 米アップル:「iPhone5」発表 薄く、軽く、画面大きく 21日発売 »

2012年9月13日 (木)

世界の雑記帳:漁師が箱でアラスカ沖26時間漂流、童謡歌い助け待つ

2012年09月12日 14時49分

 [アンカレジ(米アラスカ州) 11日 ロイター] 米アラスカ州シトカ沖で8日、漁船が沈没し、魚を入れる箱の中で海を漂流していた漁師の少年が26時間後に救助された。

 救助されたのは19歳のライアン・ハリスさん。沿岸警備隊によると、ハリスさんが乗った船は7日夜に出港したが海に沈み、8日になって別の漁師がプラスチック製の箱の中で漂流していたハリスさんを発見した。同警備隊のヘリコプターで救助されたハリスさんは軽傷を負ってはいるものの、体調は良好だという。

 地元紙によると、ハリスさんは眠らないようにするために童謡の「こげ、こげ、ボート」や「赤鼻のトナカイ」を歌ったり、「僕はライアン・ハンター・ハリス。ここでは死なない」と唱えたりして自分を励まし続けたという。

|

« 阪神:引退表明の金本「8割しんどく、残りが喜び充実感」 | トップページ | 米アップル:「iPhone5」発表 薄く、軽く、画面大きく 21日発売 »

話題」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 世界の雑記帳:漁師が箱でアラスカ沖26時間漂流、童謡歌い助け待つ:

« 阪神:引退表明の金本「8割しんどく、残りが喜び充実感」 | トップページ | 米アップル:「iPhone5」発表 薄く、軽く、画面大きく 21日発売 »