« 反米デモ:引き金の映画製作に謎深まる 監督の正体不明 | トップページ | 台風16号:大型で猛烈、16日には沖縄へ 比沖を北上 »

2012年9月14日 (金)

総裁選5候補全員が元閣僚の息子NEW

自民党総裁選:14日告示 5人が争う構図

毎日新聞 2012年09月13日 21時10分(最終更新 09月14日 02時06分)

 自民党の谷垣禎一総裁の任期満了に伴う党総裁選(26日投開票)は14日、告示される。林芳正政調会長代理(51)が13日の記者会見で立候補を表明。町村信孝元官房長官(67)、石破茂前政調会長(55)、石原伸晃幹事長(55)、安倍晋三元首相(57)と合わせ、5人が争う構図だ。自民党は野田佳彦首相に早期の衆院解散を迫っており「次期総選挙の顔選び」を強く意識した論戦が展開されそうだ。

 立候補は午前9時半から党本部で受け付けられ、候補者は同11時から所見発表演説会、午後2時から共同記者会見に臨む。

 総裁選は国会議員票199票と地方票300票の計499票で争われる。党内では、派閥長老や額賀、山崎両派の支援を受ける石原氏が議員票の積み上げを図る一方、麻生、高村両派は13日、安倍氏支持を決めた。地方票は、各種世論調査で人気の高い石破氏に勢いがあるとの見方が強い。1回目の投票で誰も過半数を得られないことが予想され、上位2候補による決選投票を視野に、連携を模索する動きも出ている。

 立候補する5人は、全員が閣僚経験者を父親に持つ2世議員で、林氏だけが参院議員。参院議員が総裁選に出馬するのは初めて。

続く

http://mainichi.jp/select/news/20120914k0000m010079000c2.html

|

« 反米デモ:引き金の映画製作に謎深まる 監督の正体不明 | トップページ | 台風16号:大型で猛烈、16日には沖縄へ 比沖を北上 »

経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 総裁選5候補全員が元閣僚の息子NEW:

« 反米デモ:引き金の映画製作に謎深まる 監督の正体不明 | トップページ | 台風16号:大型で猛烈、16日には沖縄へ 比沖を北上 »