« 尖閣諸島:中国監視船6隻が領海侵入 国有化後初 | トップページ | 総裁選5候補全員が元閣僚の息子NEW »

2012年9月14日 (金)

反米デモ:引き金の映画製作に謎深まる 監督の正体不明

毎日新聞 2012年09月14日 11時33分(最終更新 09月14日 13時44分)

13日、米カリフォルニア州のナコウラ・バスリー・ナコウラ氏自宅前で、集まった報道陣に説明をするロサンゼルス郡保安局の広報担当者=AP

13日、米カリフォルニア州のナコウラ・バスリー・ナコウラ氏自宅前で、集まった報道陣に説明をするロサンゼルス郡保安局の広報担当者=AP

 【ワシントン白戸圭一】イスラム世界における反米デモの引き金となった米映画「イノセンス・オブ・ムスリムズ(イスラム教徒の無邪気さ)」の製作過程を巡る謎が深まっている。監督の正体すら判然とせず、米メディアの報道が過熱している。

 今年7月、インターネットの動画投稿サイト「ユーチューブ」に登場した約14分のダイジェスト版映像は「サム・バシル」の名で投稿された。今月11日に米紙ウォールストリート・ジャーナルの電話取材に応じた「サム・バシル」は「イスラエル生まれで、米カリフォルニア州在住の不動産業者」と自己紹介し、「100人のユダヤ人から500万ドルの寄付を集めて映画を監督・製作した」と主張した。

 だが、イスラエル外務省報道官は米紙ニューヨーク・タイムズに「彼を知る者は誰もいない」と述べ、イスラエルと映画の関係を全面否定。多くの米メディアは「サム・バシル」の自己紹介の信ぴょう性を疑問視し、監督の正体を巡る報道合戦に拍車がかかった。

続く

http://mainichi.jp/select/news/20120914k0000e030188000c2.html

|

« 尖閣諸島:中国監視船6隻が領海侵入 国有化後初 | トップページ | 総裁選5候補全員が元閣僚の息子NEW »

海外ニュース」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 反米デモ:引き金の映画製作に謎深まる 監督の正体不明:

» ムハンマドを冒涜「Innocence of Muslims」にイスラム世界激昂 米領事館襲撃リビア米大使殺害 [自分なりの判断のご紹介]
いやはや酷い映画が あったもの。 イスラム教は偶像崇拝を 否定し、ムハンマドを 具象化すること自体を 禁じています。 今まで唯一といわれる モロッコ 、クウェート、 リビア、サウジアラビア ...... [続きを読む]

受信: 2012年9月14日 (金) 19時49分

« 尖閣諸島:中国監視船6隻が領海侵入 国有化後初 | トップページ | 総裁選5候補全員が元閣僚の息子NEW »