« 慰安婦"性奴隷説は捏造"の声 | トップページ | IAEA:日本の「原発ゼロ政策」、理解得られず »

2012年9月23日 (日)

有珠山火山遺構公園

2012年9月8日、北海道ツーデーマーチ(ウォーキング大会)に参加した後火山遺構公園を再訪してみた。

1977年8月7日有珠山噴火、火山活動(地殻変動)で倒壊した三恵病院施設をサテライトとして整備したものである。訪れる観光客も殆どなく異様な風景である。

1977-78年噴火に伴う地殻変動は約5年間をかけてゆっくりと動いたため、北山麓では地盤の圧縮、断層、亀裂が徐々に進み、236戸の家屋が被害を受け、また全壊した家も74戸に上りました。このほか、道路や上下水道、温泉の泉源、配湯管なども被害を受け、山麓にある病院は建物の下を断層が走り、時間をかけて地盤が変動したために、最後に倒壊してしまいました。地元の町ではこのような被害を再び起こさないように、倒壊した建物を保存し、後世に伝えようという動きが起こり、この建物は噴火遺構として公園整備され、火山学習の場として利用されています(洞爺湖有珠山ジオパークより)

遺構公園に続く道

Dvc00007

Dvc00008_2

Dvc00016

Dvc00009

Dvc00015_4


Dvc00011

|

« 慰安婦"性奴隷説は捏造"の声 | トップページ | IAEA:日本の「原発ゼロ政策」、理解得られず »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/552713/55618018

この記事へのトラックバック一覧です: 有珠山火山遺構公園:

« 慰安婦"性奴隷説は捏造"の声 | トップページ | IAEA:日本の「原発ゼロ政策」、理解得られず »