« 岐阜県:敦賀原発からの放射性物質拡散予測 | トップページ | 社説:谷垣氏出馬断念 論戦もせずに撤退とは »

2012年9月11日 (火)

男子ゴルフ:永久シード6人が日本オープン出場

毎日新聞 2012年09月10日 20時07分

 日本ゴルフ協会(JGA)は10日、日本オープン(10月11〜14日、沖縄・那覇GC)にツアー25勝以上の永久シード6人全員が出場すると発表した。この大会で05、08年優勝の片山晋呉が過去10年間の優勝者枠で参加するほか、青木功、中嶋常幸、尾崎将司、尾崎直道、倉本昌弘はJGA特別承認枠で出る。JGAでは「本土復帰40周年記念大会として、初の沖縄開催となり、地元から『第一人者が一堂に介したものをみたい』という強い希望があった」としている。

 また世界ランキング1位の曽雅※(台湾)と、全米女子オープンを制したチェ・ナヨン(韓国)の日本女子オープン(27〜30日、横浜CC)出場も発表された。

※は女へんに尼

|

« 岐阜県:敦賀原発からの放射性物質拡散予測 | トップページ | 社説:谷垣氏出馬断念 論戦もせずに撤退とは »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 男子ゴルフ:永久シード6人が日本オープン出場:

« 岐阜県:敦賀原発からの放射性物質拡散予測 | トップページ | 社説:谷垣氏出馬断念 論戦もせずに撤退とは »