« iPhone5:ソフトバンク、KDDIとも14日午後4時から予約受付 | トップページ | 大津市議会:いじめ防止に「子どもの役割」条例案 »

2012年9月14日 (金)

西宮駐中国大使:入院で政府が対応検討

毎日新聞 2012年09月13日 19時39分(最終更新 09月13日 22時01分)

 政府は13日、来月に赴任予定だった西宮伸一駐中国大使が東京都内で倒れて入院したことを受け、対応の検討に入った。西宮氏は11日付で発令を受けたが、外務省の内規では発令から40日以内に日本を出発することになっている。前大使は離任まで任務地で大使と扱われるため、当面は丹羽宇一郎前大使が務める。体調の回復に合わせ40日ルールを柔軟に適用することや西宮氏の赴任が困難と判断すれば後任の人事も検討する。

 藤村修官房長官は13日の記者会見で「体調不良で倒れ、入院した」と発表したものの、「これ以上コメントを差し控えたい」と述べた。また、赴任の日程などについても「今後のことは現時点ではコメントしない」と繰り返した。玄葉光一郎外相も大使交代の可能性を記者団に聞かれ、「回復を心から願っている」とだけ語った。

西宮氏は、丹羽氏が尖閣諸島(沖縄県石垣市)を巡る不適切発言などで事実上更迭されたことを受けた後任。尖閣諸島の国有化を巡って緊迫状態が続く日中関係の立て直しが期待されていた。直前までは次官級の外務審議官(経済担当)として、7〜9日にロシア・ウラジオストクで開かれたアジア太平洋経済協力会議(APEC)首脳会議に野田佳彦首相に同行して出席した。【西田進一郎、横田愛】

|

« iPhone5:ソフトバンク、KDDIとも14日午後4時から予約受付 | トップページ | 大津市議会:いじめ防止に「子どもの役割」条例案 »

経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 西宮駐中国大使:入院で政府が対応検討:

« iPhone5:ソフトバンク、KDDIとも14日午後4時から予約受付 | トップページ | 大津市議会:いじめ防止に「子どもの役割」条例案 »