« 医師成り済まし 43歳男逮捕 | トップページ | 日中40年式典中止:関係打開へ外務省次官を派遣へ »

2012年9月24日 (月)

世界の雑記帳:NYのコロンブス像を「部屋」で鑑賞、日本人芸術家が制作

2012年09月24日 15時03分

9月21日、ニューヨーク市マンハッタンで、コロンバス・サークルにそびえ立つコロンブス像を使ったパブリックアートが話題を呼んでいる(2012年 ロイター/Shannon Stapleton)

9月21日、ニューヨーク市マンハッタンで、コロンバス・サークルにそびえ立つコロンブス像を使ったパブリックアートが話題を呼んでいる(2012年 ロイター/Shannon Stapleton)

 [ニューヨーク 21日 ロイター] ニューヨーク市マンハッタンで、コロンバス・サークルにそびえ立つコロンブス像を使ったパブリックアートが話題を呼んでいる。

 高さ21メートル超のモニュメントの先端にあるコロンブス像を囲むように部屋が作られ、見上げるのではなく、「目の高さ」で同像を鑑賞できるようになっている。部屋にはソファが設置され、くつろいだ雰囲気でこの空間を楽しめるほか、窓からはセントラルパークやマンハッタンの通りを一望できる。

 このパブリックアートを制作したのは日本人アーティストの西野達さん。数年前に同市から依頼を受けたという。西野さんは4―5日かけて市内の彫刻やモニュメントを見て回り、最終的にコロンブス像に決めたとし、この作品について新たな視点で同像を眺めることができると語った。

 入場料は無料で11月18日まで公開されている。

http://mainichi.jp/feature/news/20120924reu00m040002000c.html

|

« 医師成り済まし 43歳男逮捕 | トップページ | 日中40年式典中止:関係打開へ外務省次官を派遣へ »

文化・芸術」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 世界の雑記帳:NYのコロンブス像を「部屋」で鑑賞、日本人芸術家が制作:

« 医師成り済まし 43歳男逮捕 | トップページ | 日中40年式典中止:関係打開へ外務省次官を派遣へ »