« 巨人:坂本、満塁アーチ…優勝マジック3 | トップページ | 船舶派遣、日本に圧力かけるため…中国外務省 »

2012年9月19日 (水)

社説:原子力規制委発足 事業者の虜になるな

毎日新聞 2012年09月19日 02時31分

 原発の新たな安全規制を担う原子力規制委員会と、事務局として規制委を支える原子力規制庁が19日に発足する。原発で緊急事態が起きた際には、規制委が原子炉への注水など専門的な対策を判断し、首相もそれを覆すことができないなど規制委は極めて強い権限を持つ。それだけに、原発関連業界や学界、政治からの不当な圧力を排除した「原子力安全の番人」として、国民の健康と安全を守る原子力規制行政の実現に全力を尽くしてほしい。

 原子力規制委は委員長と委員4人の計5人で、国家行政組織法第3条に基づき設置される。環境省の外局だが、予算や人事を自ら管理するなど独立性が高い。規制庁は約500人体制で、内閣府原子力安全委員会や経済産業省原子力安全・保安院などの旧組織を解体して一元化した。規制委員長には田中俊一・前原子力委員会委員長代理、規制庁長官には池田克彦前警視総監が就任する。

 東京電力福島第1原発事故では、官邸に正確な情報を提供し、適切な助言をするはずの原子力安全委や保安院がまったくと言っていいほど役に立たなかった。重大事故は発生しないと高をくくり、緊急時の指揮命令系統や広域避難体制の整備ができていなかったからだ。

続く

http://mainichi.jp/opinion/news/20120919k0000m070135000c2.html

|

« 巨人:坂本、満塁アーチ…優勝マジック3 | トップページ | 船舶派遣、日本に圧力かけるため…中国外務省 »

経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 社説:原子力規制委発足 事業者の虜になるな:

« 巨人:坂本、満塁アーチ…優勝マジック3 | トップページ | 船舶派遣、日本に圧力かけるため…中国外務省 »