« AKB48:「1830m」がアルバム初の100万枚突破  | トップページ | 老けてなんかいられない!(1) 秋になっても賢く紫外線をブロック “光老化” »

2012年9月18日 (火)

社説:尖閣と日中対立 対話解決に全力挙げよ

毎日新聞 2012年09月18日 02時30分

 日本政府の尖閣諸島(沖縄県石垣市)国有化に対する中国国内の反日デモが7日連続で発生し、日中関係が緊迫している。小泉純一郎元首相の靖国神社参拝に抗議した反日デモ(05年)を上回る過去最大規模だ。今年は日中国交正常化(72年)から40周年の節目だが、日中関係は尖閣問題で正常化以降最悪のレベルに落ち込んだ。両国はあらゆる対話のパイプを駆使して対立を回避し、事態沈静化に動くべきである。

 デモ隊の一部は日系企業に乱入・放火するなど暴徒化し、在留日本人への暴行事件も起きている。18日は満州事変の発端となった柳条湖事件が起きた日にあたり、反日の機運が一層高まる可能性もある。

 ◇暴徒化は容認できぬ

 放火や略奪、暴行は犯罪だ。愛国や反日を口実にした破壊行為を容認するわけにはいかない。これを事実上黙認するかのような中国当局の対応は中国が国際ルールを尊重する法治国家なのかどうかを疑わせる。日本政府が抗議して在留日本人の安全確保を求めたのは当然であり、中国に今後渡航する日本人にも十分な注意喚起をする必要がある。デモがこれ以上拡大して中国政府も制御不能になるようなら、日本政府は在留日本人引き揚げなどの保護措置をとることも検討すべきだろう。

続く

http://mainichi.jp/opinion/news/20120918k0000m070111000c2.html

|

« AKB48:「1830m」がアルバム初の100万枚突破  | トップページ | 老けてなんかいられない!(1) 秋になっても賢く紫外線をブロック “光老化” »

経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 社説:尖閣と日中対立 対話解決に全力挙げよ:

« AKB48:「1830m」がアルバム初の100万枚突破  | トップページ | 老けてなんかいられない!(1) 秋になっても賢く紫外線をブロック “光老化” »