« 北朝鮮の核実験、当面は困難…豊渓里が台風被害 | トップページ | 日本維新の会:公募候補者の選考委員長に竹中平蔵氏 »

2012年9月27日 (木)

残業代が年収とほぼ同じ政令市職員…780万円

さいたま市は26日、昨年度に時間外勤務(残業)が計1000時間を超えた職員が79人に上ることを明らかにした。

 このうち、医療職を除き、残業手当の額が最も多かったのは40代の課長補佐級の男性職員で、残業1873時間に対して約780万円と、自身の年間給与(約790万円)とほぼ同額だった。

 清水勇人市長は、同日の定例記者会見で、「大きな問題だと思う。仕事の分担などを含めて各課でしっかり対応してほしい。改善に取り組む」と述べた。市では昨年7月から「仕事時間ダイエットプラン」として目標値を設定し、削減に取り組んでいる。

 市職員課によると、この課長補佐級職員は危機管理担当で、昨年の東日本大震災の対応で、泊まり込みの勤務や休日出勤が大幅に増えたという。残業時間が最も長かったのは20代の男性主事で、1925時間だった。

(2012年9月27日12時51分  読売新聞)

|

« 北朝鮮の核実験、当面は困難…豊渓里が台風被害 | トップページ | 日本維新の会:公募候補者の選考委員長に竹中平蔵氏 »

経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 残業代が年収とほぼ同じ政令市職員…780万円:

« 北朝鮮の核実験、当面は困難…豊渓里が台風被害 | トップページ | 日本維新の会:公募候補者の選考委員長に竹中平蔵氏 »