« ミニトマト | トップページ | 反日デモ:広東省で暴徒拡大 警察が催涙弾 »

2012年9月17日 (月)

台風16号:九州北部に最接近へ 厳重な警戒呼びかけ

毎日新聞 2012年09月17日 00時31分(最終更新 09月17日 01時29分)

16日21時現在の予想進路

16日21時現在の予想進路

 大型で非常に強い台風16号は16日午前中に沖縄本島を通過し、17日午前0時現在、長崎市の南西約250キロを1時間に約35キロの速さで北上している。中心気圧は935ヘクトパスカルで、最大瞬間風速は65メートル。16日夜には九州南部が風速25メートル以上の暴風域に入り、17日朝から昼前にかけて九州北部に最接近する見込み。気象庁は暴風や高波、大雨に厳重な警戒を呼びかけている。

 台風16号は中心の東側260キロ以内と西側170キロ以内が風速25メートルの暴風域となっている。海上では10メートル以上の高波が予想されている。九州北部では、台風の最接近と大潮の満潮時刻が重なるため、高潮への警戒を呼びかけている。

 18日午前0時までの24時間雨量は多いところでは熊本、大分、宮崎、長崎(五島)各県250ミリ▽佐賀県200ミリ▽福岡県150ミリ−−と予測している。

 台風16号の影響で沖縄県では強風により2人がけがをしたほか、鹿児島県与論町などで住宅4棟が全壊するなどの被害が出ている。【野呂賢治】

http://mainichi.jp/select/news/20120917k0000m040107000c.html

|

« ミニトマト | トップページ | 反日デモ:広東省で暴徒拡大 警察が催涙弾 »

気象・地震」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 台風16号:九州北部に最接近へ 厳重な警戒呼びかけ:

« ミニトマト | トップページ | 反日デモ:広東省で暴徒拡大 警察が催涙弾 »