« 米領事館襲撃:大統領選に影響…大きな争点に | トップページ | 石原幹事長"サティアン"発言 »

2012年9月13日 (木)

金本引退:涙の会見 阪神社長“引退勧告”に抵抗も最後は決断

2012年09月13日

引退会見で大粒の涙を流す阪神・金本=スポニチ提供

引退会見で大粒の涙を流す阪神・金本=スポニチ提供

 アニキが泣いた−−。阪神の金本知憲外野手(44)が12日、兵庫県西宮市内のホテルで記者会見し、今季限りでの現役引退を発表した。1492試合連続フルイニング出場の世界記録など、数々の金字塔を打ち立ててきた「鉄人」。しかし、近年は右肩痛に苦しみ、今月2日に球団に初めて進退を委ねられ、自ら身を引く決断を下した。古巣相手の29日の広島戦(甲子園)が引退試合となる見通しだ。

 鉄人が今季限りでバットを置くことを決断した。この日午前に球団に引退の意思を通達。午後1時すぎから球団事務所で南信男球団社長と会談し、了承を得た。午後4時から行われた記者会見。最初は笑顔を見せていた金本だが、家族について話が及ぶと感極まった。

 「子供には(引退を)言いました。大泣きしていました。でもいつかは辞める時が来るわけだからと。あとは母親に一番最初に伝えました」

 母にかけられた言葉を聞かれると「体のケアだけは……。それだけですね」。言葉にならない。さらにファンへの感謝の言葉へと続く。「落ちぶれてからはバッシングも多かったですが、それでも一生懸命応援に……」。上を向いて落ちないようにしていた涙があふれた。

続く

http://mainichi.jp/sponichi/news/20120913spn00m050010000c2.html

|

« 米領事館襲撃:大統領選に影響…大きな争点に | トップページ | 石原幹事長"サティアン"発言 »

プロ野球」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 金本引退:涙の会見 阪神社長“引退勧告”に抵抗も最後は決断:

« 米領事館襲撃:大統領選に影響…大きな争点に | トップページ | 石原幹事長"サティアン"発言 »