« 元CAが紹介する世界の美の秘密 第2回 スイス | トップページ | 維新新党、党首は「橋下氏以外ない」と松井知事 »

2012年9月 4日 (火)

大使車襲撃犯、中国当局「処分は重くならない」

【北京=竹内誠一郎】丹羽宇一郎・駐中国大使の車両が8月27日に北京市内で襲われ、日本国旗を奪われた事件で、容疑者の中国人男女4人が北京市公安局の事情聴取に対し、「犯行は衝動的に行った」と供述していることが3日、分かった。

 公安関係者が明らかにした。

 同関係者によると、安徽省ナンバーのBMWに乗って国旗を奪った男2人と、BMWとともに大使の車の走行を妨害した北京市ナンバーのアウディに乗っていた男女2人は面識がなかった。4人は「最近の尖閣諸島に対する日本の態度に腹を立てていた」と供述。日本の国旗を掲げた大使の車を見かけたことで、その場で犯行を思い立ったとみられる。

 市公安局は「偶発的な事件」として4人の身柄を拘束しないまま、任意での事情聴取を続けている。同関係者は4人の処分については「まだ決定していない」とした上で、「4人は愛国者。処分は重くならない」との見通しを示した。

 4人が本当に共犯でなかったかなどを綿密に調べるため、捜査にはなお時間を要するという。今後、市公安局が捜査結果や発表方法について共産党指導部や中国外務省とも調整した上、日本大使館に捜査結果を通告するとみられる。

(2012年9月4日03時02分  読売新聞)

|

« 元CAが紹介する世界の美の秘密 第2回 スイス | トップページ | 維新新党、党首は「橋下氏以外ない」と松井知事 »

経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 大使車襲撃犯、中国当局「処分は重くならない」:

« 元CAが紹介する世界の美の秘密 第2回 スイス | トップページ | 維新新党、党首は「橋下氏以外ない」と松井知事 »