« 尖閣接続水域、中国監視船「海監」10隻が航行 | トップページ | 花巻東・大谷、日米いずれかでプロ目指す意向 »

2012年9月18日 (火)

高2自殺で校長謝罪「心に深い傷を負わせた」

兵庫県川西市の自宅で今月2日に自殺した高校2年の男子生徒(17)が同級生3人にいじめを受けていた問題で、自殺した男子生徒が通っていた県立高校では18日午前、体育館に1~3年生約800人を集めて緊急の全校集会が開かれた。

 校長が、男子生徒の自殺とその後の対応について経緯を説明し、「調査で負担をかけた。興味本位のうわさが流れるなど、心に深い傷を負わせて申し訳なかった」と謝罪。生徒らは静かに聞いていたという。

 校長らによると、「亡くなった生徒のことを考えるとつらい」「自殺を防ぐために自分に何かできたのでは」と悩み、学校を数日欠席したり、カウンセラーへの相談を希望したりする生徒がいるという。

 学校は、いじめに気付けなかったことを重く受け止め、▽教諭が生徒を観察する力や生徒から話を聞き出す力を養う研修▽生徒の悩み相談に応じている学校外の相談機関の紹介――などの対策を検討している。

(2012年9月18日17時28分  読売新聞)

|

« 尖閣接続水域、中国監視船「海監」10隻が航行 | トップページ | 花巻東・大谷、日米いずれかでプロ目指す意向 »

いじめ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 高2自殺で校長謝罪「心に深い傷を負わせた」:

« 尖閣接続水域、中国監視船「海監」10隻が航行 | トップページ | 花巻東・大谷、日米いずれかでプロ目指す意向 »