« 豪雨:1時間50ミリ以上、今夏は過去最多 | トップページ | ほっともっと:「のり弁当」50円値下げ 平日の昼限定 »

2012年9月 4日 (火)

ヒグマと車が衝突、集団登下校 札幌

毎日新聞 2012年09月03日 21時16分(最終更新 09月04日 00時07分)

集団で登校する子供たちと猟銃を持って警戒にあたる猟友会関係者(左)=札幌市南区で2012年9月3日午前8時20分、遠藤修平撮影

集団で登校する子供たちと猟銃を持って警戒にあたる猟友会関係者(左)=札幌市南区で2012年9月3日午前8時20分、遠藤修平撮影

 札幌市南区の住宅街で8月下旬から続くヒグマ騒動。3日未明には国道でクマと乗用車が衝突する事故が発生した。周辺の小学校では、地元猟友会の会員や警察官らが警戒する中、子供たちが登下校。市と道警、道は緊急のヒグマ対策委員会を開催するなど、対応に追われた。【遠藤修平、高山純二】

 衝突事故があったのは3日午前1時10分ごろ。同市南区南39西10の国道230号で、市内の男性会社員(24)が走行中、右から突然クマが飛び出して、車の後部側面に衝突。クマは豊平川の河原に逃走し、男性にけがはなかった。現場にはクマのものとみられる血痕が残っていた。体長は1.2〜1.3メートルほどだった。

 同市教委はクマの目撃情報があった地域の6小学校と3中学校に対策を取るよう通知。市立真駒内桜山小学校(児童数742人)では、児童が13班に分かれて、教員に引率されて集団下校した。登校時に小学2年の息子を同校まで送った会社員、昌浦利伸さん(36)は「真駒内でクマが出たことには驚いた。車にぶつかったと聞いたので、手負いのクマが何をするか分からず怖い」と不安そうだった。

 一方、ヒグマ対策委員会では、生ゴミの早期回収のほか、猟友会や道警の巡回などを引き続き実施する方針を確認。駆除の議論は出なかったという。

 また、同市内のクマ目撃情報(3日夕現在)は昨年同期(38件)比の約2.5倍となる93件に達していることも報告された。

|

« 豪雨:1時間50ミリ以上、今夏は過去最多 | トップページ | ほっともっと:「のり弁当」50円値下げ 平日の昼限定 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ヒグマと車が衝突、集団登下校 札幌:

« 豪雨:1時間50ミリ以上、今夏は過去最多 | トップページ | ほっともっと:「のり弁当」50円値下げ 平日の昼限定 »