« モー娘。新メンバーは13歳の小田さくら | トップページ | 反日デモ:「たたき壊すのが愛国なのか」…中国・青島市 »

2012年9月17日 (月)

クローズアップ2012:中国、反日デモ激化 対日強硬、保守派の影

毎日新聞 2012年09月17日 東京朝刊

今回の反日デモでは若い参加者が毛沢東の写真を掲げる姿が目立った=北京の日本大使館前で2012年9月16日、米村耕一撮影

今回の反日デモでは若い参加者が毛沢東の写真を掲げる姿が目立った=北京の日本大使館前で2012年9月16日、米村耕一撮影

 日本政府による沖縄県・尖閣諸島(中国名・釣魚島)の国有化に対する中国の反日デモは16日も各地で展開された。指導部が世代交代する共産党大会を控え、安定を優先する当局がデモを一定の範囲で容認している背景には、日本に強硬姿勢を示してけん制する意図だけでなく、指導部内の微妙な力関係で柔軟な対応に踏み切れない事情があるとの見方も出ている。【北京・成沢健一、上海・隅俊之】

 ◇次期指導部巡り綱引き

 「毛主席、万歳」。北京の日本大使館前で16日に起きたデモでは、多くの集団が新中国建国の父、毛沢東の肖像画を掲げ、声をそろえて毛沢東をたたえる集団もあった。

 上海でも16日、大小の毛沢東の肖像画がデモ参加者によって掲げられた。上海市郊外から参加したという20代の男性は胸に毛沢東の肖像が描かれたシャツを着ていた。「国民の多くが平等だった毛沢東時代の方が良かった。今の政府のやり方はおかしいことばかりだ」と語った。だが、尖閣諸島の問題とは直接関係ないのではと問うと、口をつぐんだ。

 中国では貧富の格差や官僚の腐敗が深刻化するなか、保守派や若者の間に毛沢東を崇拝する動きが広がっているが、これまでの反日デモで毛沢東の肖像画を掲げるケースはなかった。今回の反日デモの広がりには保守派の支持拡大を反映したものとの見方もある。

続く

http://mainichi.jp/opinion/news/20120917ddm003030101000c2.html

|

« モー娘。新メンバーは13歳の小田さくら | トップページ | 反日デモ:「たたき壊すのが愛国なのか」…中国・青島市 »

中国」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: クローズアップ2012:中国、反日デモ激化 対日強硬、保守派の影:

« モー娘。新メンバーは13歳の小田さくら | トップページ | 反日デモ:「たたき壊すのが愛国なのか」…中国・青島市 »