« 京浜急行:土砂に電車が突っ込み脱線 5人けが 横須賀 | トップページ | 福島第1原発:燃料プールへの鉄骨落下映像を公開 »

2012年9月25日 (火)

尖閣:台湾漁船58隻が出港 主権・漁業権を主張

毎日新聞 2012年09月24日 19時38分(最終更新 09月24日 21時55分)

 【蘇澳(台湾宜蘭県)大谷麻由美】台湾北東部・宜蘭(ぎらん)県蘇澳鎮(そおうちん)の南方澳(なんぽうおう)港から24日午後3時(日本時間同4時)、漁船58隻が沖縄県・尖閣諸島(台湾名・釣魚台)に向けて出港した。台湾の領有権を主張すると共に漁業権の保証を目的としている。他の港から出る漁船も参加予定で、最終的には約100隻となる可能性もある。

 漁船集団は25日午前5時(日本時間同6時)ごろ、尖閣諸島の領海への接続水域(約22〜44キロ)内の尖閣南西約37キロに集結し、尖閣周辺を回遊して抗議活動をする計画。漁民は「尖閣上陸もあり得る」と話している。

 漁船には「私の伝統的な漁場を侵略するな」「釣魚台を死ぬ気で守る」などと書かれた横断幕が掲げられ、次々に出港した。台湾の海岸巡防署(海上保安庁)は「漁民の安全のため」として巡視船など10隻以上を護衛につけるほか、海軍艦艇も約56キロ海域で監視する。

続く

http://mainichi.jp/select/news/20120925k0000m030044000c2.html

|

« 京浜急行:土砂に電車が突っ込み脱線 5人けが 横須賀 | トップページ | 福島第1原発:燃料プールへの鉄骨落下映像を公開 »

経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 尖閣:台湾漁船58隻が出港 主権・漁業権を主張:

« 京浜急行:土砂に電車が突っ込み脱線 5人けが 横須賀 | トップページ | 福島第1原発:燃料プールへの鉄骨落下映像を公開 »