« 富士山:初冠雪…平年より18日早く | トップページ | 秋葉原殺傷:2審も死刑判決…東京高裁、弁護側の控訴棄却 »

2012年9月12日 (水)

リビア:短編映画がムハンマド侮辱…米領事館員襲われ死亡

毎日新聞 2012年09月12日 11時19分(最終更新 09月12日 15時23分)

エジプトの首都カイロで、米国大使館に掲げられていた星条旗を引きちぎるデモ隊=2012年9月11日、AP

エジプトの首都カイロで、米国大使館に掲げられていた星条旗を引きちぎるデモ隊=2012年9月11日、AP

 【カイロ前田英司】リビア東部の主要都市ベンガジにある米領事館が11日、群衆の襲撃を受けて火が放たれ、米CNNテレビなどによると、米国人職員1人が死亡、1人が負傷した。エジプトの首都カイロでも、中心部にある米大使館にエジプト人の群衆が押し寄せ、一部が敷地内に侵入して星条旗を引きずり下ろし、火を付ける騒ぎに発展した。

 カイロの群衆は、米国で製作された短編映画がイスラム教の預言者ムハンマドを侮辱したと主張している。リビアでの米領事館の襲撃も、この映画が原因とみられる。

 映画は「ムハンマドはイスラムの使徒なり」という13分間のフィルム。米同時多発テロ発生から11年に合わせ、米国在住のエジプト人のキリスト教系コプト教徒や、以前にイスラム教の聖典コーランを燃やして物議を醸した米フロリダ州のテリー・ジョーンズ牧師らが製作し、動画投稿サイトで一部が公開された。イスラム教の預言者ムハンマドの性描写などが含まれている。

続く

http://mainichi.jp/select/news/20120912k0000e030150000c2.html

|

« 富士山:初冠雪…平年より18日早く | トップページ | 秋葉原殺傷:2審も死刑判決…東京高裁、弁護側の控訴棄却 »

海外ニュース」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: リビア:短編映画がムハンマド侮辱…米領事館員襲われ死亡:

« 富士山:初冠雪…平年より18日早く | トップページ | 秋葉原殺傷:2審も死刑判決…東京高裁、弁護側の控訴棄却 »