« 「きづな」と「生活」、近く合流へ | トップページ | 維新討論会に"拍子抜け"の声 »

2012年9月10日 (月)

有村智恵とめどなく涙…苦闘の末、メジャー初V

ゴルフ・日本女子プロ選手権コニカミノルタ杯最終日(9日・滋賀タラオCC西コース=6670ヤード、パー72)――首位から出た有村智恵(24)が2バーディー、2ボギーにまとめ、通算13アンダーで国内メジャー初制覇。

201209102396571n
メジャー初優勝を決め、笑顔で優勝カップをかかげる有村智恵

         ◇

 18番。外せばプレーオフにもつれ込む50センチのパットを冷静に沈め、2パットでパーセーブすると、感涙が止めどなく流れ出た。有村がついに国内メジャータイトルを手に入れた。

 2位に3打差をつけてスタート。決して調子が良かったわけではない。だが、8番で吉田に1打差に迫られた時、感じたのは焦りではなかった。「こんな多くのお客さんの前でプレー出来る。ゴルファーとしてこれ以上の喜びはない……」

 昨年の大会は会場まで来ながら、左手首痛のために欠場した。「私のゴルフ人生、これで終わっちゃうのかな」と追い詰められた時期もあったという。苦しみを乗り越えたからこその強さ。同組で回った吉田は「集中力のオンとオフの切り替えがすごい」と舌を巻いた。

 「強い選手」の仲間入りを果たし、3年シードを得た有村が次に目指すのは、米ツアーの来季出場予選会を突破すること。「もっともっと強い選手になりたい」。さらなる高みを目指す挑戦は続く。(佐藤毅)

(2012年9月10日17時32分  読売新聞)

|

« 「きづな」と「生活」、近く合流へ | トップページ | 維新討論会に"拍子抜け"の声 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 有村智恵とめどなく涙…苦闘の末、メジャー初V:

« 「きづな」と「生活」、近く合流へ | トップページ | 維新討論会に"拍子抜け"の声 »