« 雑記帳:日本一の芋煮会フェス 山形で3万食分 | トップページ | 浜岡原発:在日米軍も防災訓練に参加 放射能チェックなど »

2012年9月 3日 (月)

尖閣:政府、20億円で購入方針 都要求の避難港整備せず

毎日新聞 2012年09月02日 20時10分(最終更新 09月02日 21時44分)

尖閣諸島。右から魚釣島、北小島、南小島=2012年9月2日、代表撮影

尖閣諸島。右から魚釣島、北小島、南小島=2012年9月2日、代表撮影

 政府は尖閣諸島(沖縄県石垣市)の国有化に向け、魚釣島、北小島、南小島の3島を国が直接購入することで地権者との最終的な協議に入った。金額は約20億円を軸に進めており、購入時期などを含めて詰めの交渉を行っている。早ければ11日にも関係閣僚会議を開き、国有化の方針を確認する。ただ、東京都の石原慎太郎知事が野田佳彦首相に提案した漁船の避難港の整備は見送る方針で、石原氏らの反発が予想される。

 首相は8、9の両日、ロシア・ウラジオストクで開かれるアジア太平洋経済協力会議(APEC)首脳会議に出席する。この際に、中国の胡錦濤国家主席との会談が予定されていることから、首脳会談で議題に上ることを避けるため、国有化方針の発表はAPECからの帰国後を想定している。

 尖閣諸島は5島からなり、政府が国有化する方針の3島は、いずれも埼玉県内に住む男性が地権者。政府は年度ごとに賃貸契約を結んでおり、来年3月末には今年度分の賃貸契約が切れることから、早期の交渉妥結を目指してきた。5島のうち久場島(くばじま)は防衛省が借り上げており、大正島は国有地になっている。

石原氏は日本の領有をより明確にするため、漁船の避難港を建設すべきだと主張している。しかし、避難港を造れば外国の漁船などが悪天候時に利用するのを拒めず、「中国などの漁船が大量に押しかけ占拠されかねない」(政府関係者)ことから、政府は建設しない方針。構造物を島に造れば、中国や台湾などがさらに反発するのは必至で、それを避ける狙いもある。

 購入に向けて都が集めた寄付金約14億円の扱いについては、都との調整が済んでおらず引き続き協議する。

 尖閣の国有化をめぐっては、石原氏が4月に都が購入すると表明。これを受け、政府も検討を進めており、7月6日には、長浜博行官房副長官と長島昭久首相補佐官が石原氏に購入方針を伝えた。8月19日には、首相と石原氏が会談し、石原氏が共同購入や避難港の建設などを打診していた。【小山由宇、飼手勇介】

|

« 雑記帳:日本一の芋煮会フェス 山形で3万食分 | トップページ | 浜岡原発:在日米軍も防災訓練に参加 放射能チェックなど »

経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 尖閣:政府、20億円で購入方針 都要求の避難港整備せず:

« 雑記帳:日本一の芋煮会フェス 山形で3万食分 | トップページ | 浜岡原発:在日米軍も防災訓練に参加 放射能チェックなど »