« 漁業監視船、尖閣接続水域で中国漁船に立ち入り | トップページ | 「人食いバクテリア」感染急増、昨年1・6倍に »

2012年9月20日 (木)

自民党道議の母親、当選後も生活保護を受給

札幌市厚別区選出の花崎勝道議(59)(自民党・道民会議)の母親(81)が今年8月まで、生活保護を受給していたことが20日、わかった。

 花崎道議は記者会見で「議員として道義的責任がある。本当に申し訳ない」と陳謝し、昨年5月以降の受給分を返納する。自民党道連は18日付で、花崎道議を役職停止処分とした。

 花崎道議によると、母親は江別市在住。数年前から毎月、約6万5000円の生活保護費を受け取っていた。花崎道議は昨年4月に初当選した後、仕送りするので受給をやめるよう母親に伝えたが、受給が続いており、自民党などに投書があった。母親は20日に返納に向けた手続きを行ったという。

 道議の報酬は期末手当を含めて年約1400万円。花崎道議は「血税で報酬をもらっている立場として、道義的、社会的な責任を感じている」としている。民法では、親子など血縁が近い親族は相互扶養の義務があり、生活保護法では、扶養義務が保護に優先すると定められている。

(2012年9月20日17時33分  読売新聞)

|

« 漁業監視船、尖閣接続水域で中国漁船に立ち入り | トップページ | 「人食いバクテリア」感染急増、昨年1・6倍に »

経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 自民党道議の母親、当選後も生活保護を受給:

« 漁業監視船、尖閣接続水域で中国漁船に立ち入り | トップページ | 「人食いバクテリア」感染急増、昨年1・6倍に »