« 全くの無免許で救急車運転、消防士長を逮捕 | トップページ | 石破氏 推薦人を事実上確保 »

2012年9月 5日 (水)

富山3人遺体、うち2人は餓死の可能性

富山県滑川市北野の住宅で3日に見つかった男女3人の遺体は、うち2人が餓死した可能性があることが4日、滑川署の司法解剖などでわかった。

 同署は、3人はこの家に住む無職大崎正一さん(78)と長女(45)、長男(40)の可能性が高いとみている。

 司法解剖の結果、男性2人は死後約1か月、女性は死後1~2週間が経過。遺体は腐敗が進み、死因は判明しなかったが、中年の男女の胃と腸の中はほぼ空の状態だった。

 同署によると、長男には重度の知的障害があり、長女も自力では生活ができなかったとみられる。同署は7月下旬~8月上旬、大崎さんが病気などの理由で死亡後、長男、長女と相次いで餓死したとみて調べている。

(2012年9月5日00時48分  読売新聞)
100歳お祝いで訪問の市職員ら、2遺体を発見

|

« 全くの無免許で救急車運転、消防士長を逮捕 | トップページ | 石破氏 推薦人を事実上確保 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 富山3人遺体、うち2人は餓死の可能性:

« 全くの無免許で救急車運転、消防士長を逮捕 | トップページ | 石破氏 推薦人を事実上確保 »