« 尖閣:購入寄付金、国に渡さぬ意向 石原知事が示唆 | トップページ | 小説創作ソフト:はこだて未来大が開発へ 自動生成目指す »

2012年9月 7日 (金)

冷却ベルト:3社に景品表示法違反で措置命令…消費者庁

毎日新聞 2012年09月06日 20時17分(最終更新 09月06日 21時11分)

措置命令を受けた冷却ベルト=消費者庁で2012年9月6日、大迫麻記子撮影

措置命令を受けた冷却ベルト=消費者庁で2012年9月6日、大迫麻記子撮影

 暑さ対策のため、冷凍庫で凍らせた商品を首に巻いて冷やす「冷却ベルト」について、消費者庁は6日、パッケージ表示に比べ「早くぬるくなる」と判断された3商品の販売会社に対し、景品表示法違反(優良誤認)にあたるとして、再発防止を求める措置命令を出した。

 問題の3商品は、桐灰化学の「熱中対策首もと氷ベルト」▽ケンユーの「ネックール4」▽白元の「熱中ガードアイスノン氷結ベルト」。

 消費者庁は主な10商品について、首に巻いてから冷たさを感じなくなる時間を測定。「熱中対策首もと氷ベルト」は「約120分冷却」と表示されていたが、冷たさが持続したのは平均66分。「ネックール」は「約2時間30分冷感を持続」としながら平均1時間49分、「アイスノン氷結ベルト」は「冷たさは約90分持続」としながら平均約68分だった。

 冷却ベルトなどの「暑さ対策グッズ」は、夏の節電ブームもあって人気を呼んでおり、同庁の推計によると、3商品の昨年度の売り上げは計約5億円にのぼる。3商品とも、既に表示は改善されている。【大迫麻記子】

|

« 尖閣:購入寄付金、国に渡さぬ意向 石原知事が示唆 | トップページ | 小説創作ソフト:はこだて未来大が開発へ 自動生成目指す »

経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 冷却ベルト:3社に景品表示法違反で措置命令…消費者庁:

« 尖閣:購入寄付金、国に渡さぬ意向 石原知事が示唆 | トップページ | 小説創作ソフト:はこだて未来大が開発へ 自動生成目指す »