« 福島第1原発:し尿処理足かせ、住民帰還に難題 | トップページ | 近江鉄道:線路沿い除草剤被害 稲や野菜、全額買い上げへ »

2012年9月 4日 (火)

1歳児放置死:チャットに夢中…危険シグナル検証へ

毎日新聞 2012年09月04日 02時30分

 昨年6月に肺炎の三男(当時1歳7カ月)を放置して死なせたとして、大津市大平2、高橋由美子容疑者(29)=鑑定留置中=が保護責任者遺棄致死容疑で逮捕された事件を巡り、滋賀県の検証部会が4日始まる。市は3年前に高橋容疑者のネグレクト(育児放棄)傾向を察知し、家庭状況の見守りを続け、事件直前には、子供の一時保護を前提とした指導強化も予定していた。その矢先の悲劇だけに、関係者のショックも大きい。何が足りなかったのか、どうすれば防止できたのか、支援現場の悩みは深い。【千葉紀和】

 県警や市によると、高橋容疑者は次男(6)と三男希旺(ねお)ちゃんとの3人暮らしだった。昨年6月24日朝、2人が通う保育園の保育士が自宅に迎えに訪れて希旺ちゃんの39度の高熱に気付き、通院を促した。夕方の再訪時には37度に下がっていた。週末を挟み27日午前11時10分ごろ、高橋容疑者は希旺ちゃんが冷たくなっているのに気付いた。死亡推定時刻は26日午後2時ごろ。1日近く死亡に気付かなかったとみられる。

 死亡時の体重は7.2キロしかなく、県警は十分な食事を与えていなかったとみている。

続く

http://mainichi.jp/select/news/20120904k0000m040135000c2.html

|

« 福島第1原発:し尿処理足かせ、住民帰還に難題 | トップページ | 近江鉄道:線路沿い除草剤被害 稲や野菜、全額買い上げへ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 1歳児放置死:チャットに夢中…危険シグナル検証へ:

« 福島第1原発:し尿処理足かせ、住民帰還に難題 | トップページ | 近江鉄道:線路沿い除草剤被害 稲や野菜、全額買い上げへ »