« 吉野家:480円の「牛焼肉丼」発売へ 収益力向上目指し | トップページ | 尖閣:温首相「半歩も譲歩せず」 中国領土と強調 »

2012年9月11日 (火)

5億円送金:元係長「結婚したかった」 東京地裁公判

毎日新聞 2012年09月10日 19時18分(最終更新 09月10日 19時26分)

 勤務先から約5億円をだまし取ったとして電子計算機使用詐欺罪に問われた工業用ゴム販売大手「シバタ」(東京都墨田区)の元経理係長、栗田守紀(もりとし)被告(33)は10日、東京地裁(山崎威裁判官)での被告人質問で、着服金の大半をキャバクラ勤めの女性に送金した理由について「結婚したかった」と述べた。

 被告は02年、東京・亀有のキャバクラで女性と知り合い、ドライブなどに行く仲になった。03年、女性に「胃がんになり入通院費がかかる」と言われ、最初に30万円を振り込んだ。間もなく「面会謝絶」を理由に会う機会はほぼなくなったが、メールで振り込み要求は続き、額も数百万単位に。被告が不審を抱くと女性からは「自殺する」などと返信があり、結局、被告は会社からの着服と女性への振り込みを重ねた。

 だが、入通院の事実はなく、女性は遊興費に流用。弁護側の質問に「(病気を治して)元気になってほしかった。だまされたという思いで怒りもあるが、責任転嫁するつもりはない」と答えた。

 検察側は「会社への全額弁済の可能性は低い」などとして懲役8年を求刑した。

起訴状によると、被告は05〜10年、インターネット上で会社の口座を操作し、自分の口座に計約5億円を送金したとされる。時効分を含めた着服額は6億円を超え、うち約5億9000万円を女性に振り込んでいたという。【和田武士】

|

« 吉野家:480円の「牛焼肉丼」発売へ 収益力向上目指し | トップページ | 尖閣:温首相「半歩も譲歩せず」 中国領土と強調 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 5億円送金:元係長「結婚したかった」 東京地裁公判:

« 吉野家:480円の「牛焼肉丼」発売へ 収益力向上目指し | トップページ | 尖閣:温首相「半歩も譲歩せず」 中国領土と強調 »