« 野田首相:尖閣 譲歩しない考えを強調 国連での演説 | トップページ | 死刑:2人に執行 15年ぶりに女性死刑囚にも »

2012年9月27日 (木)

「かわいい」:写真見ると作業効率を上昇…広大グループ

毎日新聞 2012年09月27日 11時28分(最終更新 09月27日 15時22分)

愛くるしい子犬たち。この姿が集中力アップにつながる?

愛くるしい子犬たち。この姿が集中力アップにつながる?

 子猫や子犬など、多くの人が「かわいい」と感じる幼い動物の写真を見た後、注意力が必要な作業をすると能率が上がることが、入戸野(にっとの)宏・広島大准教授(41)=認知心理生理学=のグループの研究で分かった。米科学誌「PLOS ONE」のオンライン版に27日、論文が掲載された。入戸野准教授は「『かわいい』ものが普及する心理的背景を説明するヒントになり得る」と話している。

 大学生132人を対象に実験。幼い犬や猫の写真7枚を好きな順に並び替える作業を1分半した後、ピンセットを使って慎重に小さな部品を取り出したり、不規則な数列に特定の数字が何個あるか数えたりする作業をさせた。その結果、成功率と正答率は、写真を見る前と比べてそれぞれ平均で44%と16%高まった。大きくなった動物の写真では成績は変わらなかった。

「かわいい」と感じる幼い動物の写真を見て仕事をすれば、集中力もアップ?

「かわいい」と感じる幼い動物の写真を見て仕事をすれば、集中力もアップ?

 縫いぐるみや各地で人気を集めている「ゆるキャラ」などは、手足が短く、顔が丸いなど「幼さ」に通じるものが多い。入戸野准教授は「幼い動物や赤ちゃんなどを見ると『保護しなければならない』と感じ、注意力が高まって作業効率が上がるのではないか」と分析している。

続く

http://mainichi.jp/select/news/20120927k0000e040205000c2.html

|

« 野田首相:尖閣 譲歩しない考えを強調 国連での演説 | トップページ | 死刑:2人に執行 15年ぶりに女性死刑囚にも »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 「かわいい」:写真見ると作業効率を上昇…広大グループ:

« 野田首相:尖閣 譲歩しない考えを強調 国連での演説 | トップページ | 死刑:2人に執行 15年ぶりに女性死刑囚にも »