« 前田敦子、恋愛は「したいです!」 | トップページ | 広島・小6監禁:果物ナイフで脅す かばん内に正座強要 »

2012年9月 5日 (水)

米国産牛肉:「30カ月以下」に輸入緩和 年明けにも

毎日新聞 2012年09月05日 13時02分(最終更新 09月05日 13時17分)

 内閣府の食品安全委員会は5日、プリオン専門調査会(座長・酒井健夫日本大教授)を開き、牛海綿状脳症(BSE)発生を受けて現在20カ月以下に制限されている米国産牛肉の輸入条件について、30カ月以下に緩和することを事実上容認する評価書案をまとめた。全国の食肉処理場で義務づけられているBSEの検査対象について、現行の「月齢21カ月以上」を「31カ月以上」に引き上げても、人への感染リスクに差は生じないとしたためだ。これを受け政府は、早ければ年明けにも緩和を実施する。環太平洋パートナーシップ協定(TPP)をめぐる日米協議にも影響を与えそうだ。

 米国産牛肉の輸入制限をめぐっては、野田佳彦首相が昨年11月のオバマ米大統領との会談で、緩和に向け手続きに入る方針を表明した。厚生労働省は同年12月、BSE検査対象の引き上げを食品安全委に諮問。安全委の専門調査会は今年1月から、計8回の会合で安全性について議論を重ねてきた。

続く

http://mainichi.jp/select/news/20120905k0000e040193000c2.html

|

« 前田敦子、恋愛は「したいです!」 | トップページ | 広島・小6監禁:果物ナイフで脅す かばん内に正座強要 »

経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 米国産牛肉:「30カ月以下」に輸入緩和 年明けにも:

« 前田敦子、恋愛は「したいです!」 | トップページ | 広島・小6監禁:果物ナイフで脅す かばん内に正座強要 »