« 英王子を「何としても殺害する」…タリバン宣言 | トップページ | 男性教諭が教え子と性的行為 »

2012年9月11日 (火)

小沢事務所、党員らに削除通知…憤る民主県連

新党「国民の生活が第一」の小沢一郎代表の事務所が、小沢氏の選挙区である衆院岩手4区で民主党の党員・サポーター登録をしている約7700人に、「登録を削除する」とする文書を送付していたことが10日、分かった。

 民主党本部によると、党員などを辞めるには本人の届け出が必要で、実際は大半が登録されたままになっているとみられる。

 文書は、8月に小沢氏の事務所名で送付された。文書には「新党への登録は改めて案内する」と記されていたほか、民主党岩手県第4区総支部は解散するとあったが、岩手県選挙管理委員会によると、解散届は出されていない。

 小沢氏の事務所は、4区の党費、サポーター費を返金しようと民主党側に登録削除を要請。その後、一連の経緯を党員らに書面で通知したとしている。

 民主党本部によると、代表選の投票用紙は、党分裂前の5月31日時点の登録に基づき郵送されるため、代表選自体に影響はないが、同党県連幹部は「非常識な行為。代表選の投票用紙を受け取っても『資格がない』と思い込む人がいるかもしれない」と憤りを隠さなかった。

(2012年9月10日22時31分  読売新聞)

|

« 英王子を「何としても殺害する」…タリバン宣言 | トップページ | 男性教諭が教え子と性的行為 »

経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 小沢事務所、党員らに削除通知…憤る民主県連:

« 英王子を「何としても殺害する」…タリバン宣言 | トップページ | 男性教諭が教え子と性的行為 »