« 「番犬ほえさせた」竹島公取委員長が退任 | トップページ | 橋下氏、安倍新総裁にエール…「選挙では戦う」 »

2012年9月27日 (木)

全日空と日航、中国便キャンセル5万5500席

全日本空輸は、尖閣諸島を巡る日中関係の悪化を受け、中国路線で9~11月搭乗分の団体客のキャンセルが25日時点で中国発2万8000席、日本発が1万2000席の計約4万席になったと発表した。

 キャンセルは日本航空の中国発8600席、日本発6900席(24日時点)と合わせると、計約5万5500席に上る。

 全日空の伊東信一郎社長は26日の記者会見で「観光客の多い路線はしばらく厳しいが、当面は(航空機の)小型化でしのぐ」と述べ、現時点では減便などを行わない考えを示した。

 伊東社長は「(相次ぐキャンセルは)確かに大きなもので影響はある」と述べたが、「日本企業の工場は操業を再開しており、(需要は)徐々に回復してくる」との見方を示した。

(2012年9月26日20時32分  読売新聞)

|

« 「番犬ほえさせた」竹島公取委員長が退任 | トップページ | 橋下氏、安倍新総裁にエール…「選挙では戦う」 »

経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 全日空と日航、中国便キャンセル5万5500席:

« 「番犬ほえさせた」竹島公取委員長が退任 | トップページ | 橋下氏、安倍新総裁にエール…「選挙では戦う」 »