« 橋下市長:「竹島、共同管理に」 | トップページ | スケート連盟:荒川静香さんが最年少理事に »

2012年9月24日 (月)

クローズアップ2012:自民総裁選情勢 決選逆転へ、2位争奪戦

毎日新聞 2012年09月23日 東京朝刊

 ◇苦戦・石原陣営に焦り 石破氏は「地方の声」で対抗

 自民党総裁選(26日投開票)は上位2人による決選投票をにらみ、安倍晋三元首相と石原伸晃幹事長の2位争いの行方が最大の焦点となってきた。決選投票では、2位に入った候補が3位以下の支持票を集めて逆転勝利するとの見方が強まり、両陣営の多数派工作が熱を帯びる。1回目の投票で1位となる見通しの石破茂前政調会長は、決選投票での「合従連衡」に「地方の声」で対抗する構えだ。【坂口裕彦、吉永康朗】

 入院中の町村信孝元官房長官を除く4候補は22日、東日本大震災の被災地に入って支持を訴えた。盛岡市のホテルで開かれた演説会で安倍氏は「経済成長戦略を進めることで、日本は必ず成長していく。政権を奪還して東北を復興させれば、日本は輝ける新しい朝を迎えることができる」との主張を展開した。

 2位争いで安倍氏を追う形となった石原氏は「日本のふるさとをよみがえらせるために使命感を持って立候補させてもらった。地域に雇用をしっかり作って初めて国力が上がる。全国のふるさとと国を守る」と訴え、地方の支持獲得に懸命だ。

 当初、2位争いで優勢とみられていたのは石原氏だ。ライバルとなる安倍氏は所属する町村派が町村氏の出馬で分裂選挙となり、額賀派を中心とした派閥連合の支援が見込める石原氏が議員票でも地方票でも先行できると陣営は見込んでいた。

続く

http://mainichi.jp/opinion/news/20120923ddm003010068000c2.html

|

« 橋下市長:「竹島、共同管理に」 | トップページ | スケート連盟:荒川静香さんが最年少理事に »

経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: クローズアップ2012:自民総裁選情勢 決選逆転へ、2位争奪戦:

« 橋下市長:「竹島、共同管理に」 | トップページ | スケート連盟:荒川静香さんが最年少理事に »