« 滝法相「年なので、できるだけ外して…」 | トップページ | 高級外車も…生活保護144世帯に車153台 »

2012年9月25日 (火)

マッサージチェアで発見の1千万円、家族に返還

今年6月に北海道砂川市の廃棄物処理施設に捨てられたマッサージチェアの中から見つかった現金1000万円について、道警砂川署は25日、所有者を特定して返還した。

 同署によると、チェアは同市内の男性が自宅で使用していたもので、男性は数年前に死亡しており、1000万円は男性の家族に返還された。家族は男性の遺品を片づけた際に、現金が隠されていることに気付かずにチェアを捨て、解体作業時に座席部分から木箱がみつかり、その中に1000万円は100万円ずつ帯封され、金融機関の封筒に入っていた。

 同署が発表して以降、20件余の照会があった。そうした中、7月中旬に「父のものかもしれない」との問い合わせがあり、帯封に印字された記載年月が男性の定期預金の解約記録などと合致し、家族が語ったマッサージチェアの形や色も、現金が隠されていたチェアと一致していたため、同署は所有者と特定した。

 返還期限は今月30日に迫っており、同署幹部は「何かのために、男性がためていたものかもしれない。遺族に返せて良かった」と話している。

(2012年9月25日17時58分  読売新聞)

|

« 滝法相「年なので、できるだけ外して…」 | トップページ | 高級外車も…生活保護144世帯に車153台 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: マッサージチェアで発見の1千万円、家族に返還:

« 滝法相「年なので、できるだけ外して…」 | トップページ | 高級外車も…生活保護144世帯に車153台 »