« 兵庫・高2自殺:「不慮の事故に」校長が打診、両親は拒否 | トップページ | 訃報:樋口広太郎さん死去86歳 アサヒビール再興の祖 »

2012年9月18日 (火)

海馬:睡眠時間長いほど体積大きい 東北大チームが調査

毎日新聞 2012年09月17日 22時28分(最終更新 09月17日 22時39分)

 睡眠時間の長い子どもほど、記憶や感情に関わる脳の部位「海馬」の体積が大きかったことを、東北大の滝靖之教授らの研究チームが突き止めた。18日から名古屋市で開催の日本神経科学大会で発表する。

 うつ病や高齢者のアルツハイマー病患者で、海馬の体積が小さいことが分かっており、滝教授は「子どものころの生活習慣を改善することで、健康な脳を築ける可能性がある」としている。

 研究チームは2008年からの4年間で、健康な5〜18歳の290人の平日の睡眠時間と、海馬の体積を調べた。睡眠が10時間以上の子どもは6時間の子どもより、海馬の体積が1割程度大きいことが判明した。(共同)

|

« 兵庫・高2自殺:「不慮の事故に」校長が打診、両親は拒否 | トップページ | 訃報:樋口広太郎さん死去86歳 アサヒビール再興の祖 »

医学」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 海馬:睡眠時間長いほど体積大きい 東北大チームが調査:

« 兵庫・高2自殺:「不慮の事故に」校長が打診、両親は拒否 | トップページ | 訃報:樋口広太郎さん死去86歳 アサヒビール再興の祖 »