« 大きくなりすぎて…水族館のジンベエザメ交代 | トップページ | 日本EEZで中国が漁船検査か »

2012年9月21日 (金)

4歳女児、親に放置され死亡…体重わずか8キロ

幼い長女に十分な食事を与えず放置したとして、愛知県警豊橋署は20日、豊橋市神野新田町ロノ割、派遣社員加藤和久(48)、妻陽子(39)の両容疑者を保護責任者遺棄容疑で逮捕した。

 長女杏奈ちゃん(4)は同日病院で死亡が確認された。同署は保護責任者遺棄致死容疑でも調べる。

 発表によると、2人は杏奈ちゃんが昨年12月頃に風邪をひいたにもかかわらず、病院に連れて行くなどせず、容体が悪化後も放置した疑い。2人は容疑を認めているという。

 発見時、杏奈ちゃんに目立った外傷はなかったが、体重は平均的な4歳児の半分ほどの8キロしかなかった。ビスケットやジュースなどわずかな食事しか与えていなかったという。

 加藤容疑者らは、小学1年の長男(7)を含む4人暮らし。陽子容疑者が20日午前、杏奈ちゃんの呼吸が止まっているのに気付き、加藤容疑者が119番した。病院に連れて行かなかった理由について、陽子容疑者は「経済的な問題と、長男を1人にできなかったため」と供述しているという。

(2012年9月21日01時45分  読売新聞)

|

« 大きくなりすぎて…水族館のジンベエザメ交代 | トップページ | 日本EEZで中国が漁船検査か »

いじめ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 4歳女児、親に放置され死亡…体重わずか8キロ:

« 大きくなりすぎて…水族館のジンベエザメ交代 | トップページ | 日本EEZで中国が漁船検査か »