« エコカー補助金:21日で受け付け終了 経産省発表 | トップページ | 沖縄・尖閣諸島:国有化 「安保条約対象」米国務次官補が証言 »

2012年9月22日 (土)

北京の日本大使館:ガラス被害、金属球をエアガンで発射か

毎日新聞 2012年09月22日 02時38分(最終更新 09月22日 02時51分)

 【北京・工藤哲】沖縄県・尖閣諸島国有化に反対し北京の日本大使館前で起きた反日デモの際、大使館の窓ガラスが金属球で割られた事件で、金属球は大使館に向かい合う建物の高層階からエアガンのようなもので撃ち込まれた可能性が高いことが関係者の話で分かった。大使館の被害届を受け北京市公安局が捜査している。

 関係者によると、撃たれたのは15〜17日で、3〜6階と1階のガラス計8枚が割れていた。パチンコ玉より小さい金属球が大量に当てられていた。

 デモ当時、大使館前の路上は、行進する群衆や見物人で埋め尽くされていたうえ、地上からパチンコなどを使って高層階の窓ガラスに金属球を当てるのは容易ではない。そのため、大使館から100メートルほど離れた道路向かいにあるホテルなどの高層ビルから何者かがエアガンを使って狙ったとの見方が浮上している。

 大使館の窓ガラスは割れても地上に飛び散らない高度な日本の技術による特殊設計で作られており、補修費用は数千万円に上るとみられる。

http://mainichi.jp/select/news/20120922k0000m040166000c.html

|

« エコカー補助金:21日で受け付け終了 経産省発表 | トップページ | 沖縄・尖閣諸島:国有化 「安保条約対象」米国務次官補が証言 »

中国」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 北京の日本大使館:ガラス被害、金属球をエアガンで発射か:

« エコカー補助金:21日で受け付け終了 経産省発表 | トップページ | 沖縄・尖閣諸島:国有化 「安保条約対象」米国務次官補が証言 »