« パラリンピック:活動費工面でセミヌード 走り幅跳び中西 | トップページ | 社説:甲状腺検査 丁寧で科学的な説明を »

2012年9月 3日 (月)

前田敦子:「自分の可能性に挑戦してみたい」 「マイナビ転職」のキャラクターに

2012年09月03日

前田敦子さんがイメージキャラクターを務める「マイナビ転職」のビジュアル

前田敦子さんがイメージキャラクターを務める「マイナビ転職」のビジュアル

 人気アイドルグループ「AKB48」を8月に卒業した前田敦子さんが、転職情報サイト「マイナビ転職」のイメージキャラクターに起用されたことが3日、明らかになった。4月に「第4回選抜総選挙」の出場辞退を明らかにした際、前田さんが語った「それでも私はやってみたい」という言葉とともに、全国の交通広告などに3日から登場する。前田さんは「今の環境を離れ、次のステップへ踏み出すことは、誰でもたくさんの不安や迷いがあると思います。それでも新しい環境には、自分が成長できるチャンスがあると信じています。だから私も、自分の可能性に挑戦してみたいなと思いました」とメッセージを寄せている。

 前田さんは、中学2年生の14歳のときに1期生としてAKB48に加入して以来、“不動のエース”としてグループを引っ張ってきた。このたびの卒業とともに芸能活動において新たなステージに踏み出し、自身の可能性を広げている姿勢が同サイトのイメージに合致していることから、イメージキャラクターに起用された。広告のメーンコピー「それでも私はやってみたい」は、現状に満足せず新しいステージに進むことを表す、前田さんからの応援フレーズになっているという。

 前田さんが登場する広告は、全国11エリアの電車内の中づりポスターを中心とした交通広告のほか、新聞・ラジオ・ウェブでも展開。来春にはテレビCMも放送予定。なお、特設サイト(http://promotion.yahoo.co.jp/mynavi2012/)では、前田さんによる応援メッセージが公開されている。(毎日新聞デジタル)

|

« パラリンピック:活動費工面でセミヌード 走り幅跳び中西 | トップページ | 社説:甲状腺検査 丁寧で科学的な説明を »

芸能・アイドル」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 前田敦子:「自分の可能性に挑戦してみたい」 「マイナビ転職」のキャラクターに:

« パラリンピック:活動費工面でセミヌード 走り幅跳び中西 | トップページ | 社説:甲状腺検査 丁寧で科学的な説明を »