« 8月ウォーキング総括 | トップページ | 大使車襲撃:男2人を行政拘留…中国当局、逮捕・起訴せず »

2012年9月 5日 (水)

未来技術遺産:ウォークマン1号機など21件登録

毎日新聞 2012年09月04日 19時12分(最終更新 09月04日 20時30分)

未来技術遺産に登録された「ウォークマン」の1号機=国立科学博物館提供

未来技術遺産に登録された「ウォークマン」の1号機=国立科学博物館提供

 国立科学博物館は4日、次世代へ引き継ぐ意義のある重要科学技術史資料(愛称・未来技術遺産)に、国産第1号の自動車タイヤや、携帯型ステレオカセットプレーヤーの「ウォークマン」の1号機など21件を登録したと発表した。他に世界初の実用小型ディーゼルエンジン、国産初のLPレコードも選ばれた。

 今回で5回目。同博物館が調査した1万3238件(11年度末現在)から選ばれた。

 国産第1号タイヤは1913年、住友ゴム工業(神戸市)の前身のダンロップ護謨(ごむ)(極東)が作った。膜状のゴムを何枚も重ねる方法で、1日に25本程度の製造にとどまった。ウォークマンはソニー製作で、世界中で大ヒットした。79年発売当時の価格は3万3000円。

 国産初のLPレコードは日本コロムビア(東京)製作で、電線の被覆などにも使われる塩化ビニール製。1951年にベートーベン作曲「交響曲第9番」など4作品が発売された。小型ディーゼルエンジンは漁船や耕運機用としてヤンマー(滋賀県)が1933年に開発。改良型が現在も世界中で利用されている。

 登録資料のパネルが11日から11月4日まで、東京・上野公園の同博物館で展示される。【野田武】

|

« 8月ウォーキング総括 | トップページ | 大使車襲撃:男2人を行政拘留…中国当局、逮捕・起訴せず »

文化・芸術」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 未来技術遺産:ウォークマン1号機など21件登録:

« 8月ウォーキング総括 | トップページ | 大使車襲撃:男2人を行政拘留…中国当局、逮捕・起訴せず »