« 「反日」利用し賃上げデモ…広東省の日系工場 | トップページ | 大きくなりすぎて…水族館のジンベエザメ交代 »

2012年9月21日 (金)

だまされて出演…イスラム侮辱映画の女優が提訴

【ロサンゼルス=西島太郎】イスラム教預言者を侮辱したとされ、中東など世界各地で反米デモを引き起こした米映画に出演した女優が19日、製作者らを相手取り、損害賠償などを求めてロサンゼルスの裁判所に提訴した。

 訴えの中で女優は、問題となった映画の「予告編」が公開されている動画投稿サイト「ユーチューブ」などに対しても映像の削除を求めている。

 原告側代理人などによると、訴えた女優のシンディー・リー・ガルシアさんは、映画がイスラム教を侮辱するような内容とは知らされず、製作者にだまされて出演したと主張。映画が問題になると深刻な脅迫を受けるようになったほか、女優としての経歴も傷ついたとして賠償を求めている。ガルシアさんは、映画に脇役のひとりとして出演した。

(2012年9月20日21時00分  読売新聞)

|

« 「反日」利用し賃上げデモ…広東省の日系工場 | トップページ | 大きくなりすぎて…水族館のジンベエザメ交代 »

海外ニュース」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: だまされて出演…イスラム侮辱映画の女優が提訴:

« 「反日」利用し賃上げデモ…広東省の日系工場 | トップページ | 大きくなりすぎて…水族館のジンベエザメ交代 »