« オスプレイ:本格運用開始、遅れる見通し | トップページ | 岐阜県:敦賀原発からの放射性物質拡散予測 »

2012年9月11日 (火)

オスプレイ:フロリダの事故、米側の報告書を追認 防衛省

毎日新聞 2012年09月11日 02時30分

米国防総省のヘリパッドに着陸する直前の海兵隊の垂直離着陸輸送機MV22オスプレイ=2012年8月3日、古本陽荘撮影

米国防総省のヘリパッドに着陸する直前の海兵隊の垂直離着陸輸送機MV22オスプレイ=2012年8月3日、古本陽荘撮影

 森本敏防衛相は10日、首相官邸で野田佳彦首相に対し、6月に米フロリダ州で起きた米空軍の垂直離着陸輸送機CV22オスプレイの墜落事故について、防衛省による分析評価報告書の内容を説明した。報告書は4月のモロッコでの事故と同様「人的要因が大きい」として機体には問題がなかったと結論付け、米側の調査結果を追認した。森本氏が11、12両日、沖縄、山口両県を訪問し、県知事らに説明する。

 報告書は、飛行訓練中に事故機を操縦していた副操縦士と同乗していた機長が、前方機との位置関係の認識を誤り、前方機による乱気流に巻き込まれた「人為ミス」が原因とした米側調査結果を「妥当」と評価した。

 さらに飛行訓練計画が離陸後に変更されたことに言及し▽先行機の機長が事故機に飛行経路選定などの適切な指示をしなかった▽先行機と事故機に意思疎通不足があった−−と指摘。いずれも米側報告書は言及していないが、「事故の遠因になった可能性がある」と独自の分析結果を示した。

続く

http://mainichi.jp/select/news/20120911k0000m010118000c2.html

|

« オスプレイ:本格運用開始、遅れる見通し | トップページ | 岐阜県:敦賀原発からの放射性物質拡散予測 »

経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: オスプレイ:フロリダの事故、米側の報告書を追認 防衛省:

« オスプレイ:本格運用開始、遅れる見通し | トップページ | 岐阜県:敦賀原発からの放射性物質拡散予測 »