« 自民党道議の母親、当選後も生活保護を受給 | トップページ | 官房長官「中国に賠償請求」 »

2012年9月20日 (木)

「人食いバクテリア」感染急増、昨年1・6倍に

筋肉を覆う「筋膜」が手足で壊死

)

したりする「劇症型溶血性レンサ球菌感染症」の患者数が昨年、前年の1・6倍に増えたことが、国立感染症研究所のまとめで分かった。

 今年はさらに増加傾向を示している。2日以内に死亡する例も多く、同研究所は、傷口の消毒などによる予防や早期治療を呼びかけている。

 菌自体はありふれているが、まれに重症化。38度以上の発熱や傷口の痛みが起き、さらにショック症状や肝不全、腎不全を発症する。筋膜や脂肪の組織が壊死して、手や足の切除が必要になることもあり、「人食いバクテリア」とも呼ばれる。3~4割が死亡する。

 同研究所によると、2010年の患者は123人(うち死者36人)だったが、昨年は198人(同73人)に急増。今年は9月上旬までに176人に達し、昨年の同時期より23人多い。60歳以上の男女と30歳代の女性の発症が多いが、増加の原因は分かっていない。

(2012年9月20日14時51分  読売新聞)

|

« 自民党道議の母親、当選後も生活保護を受給 | トップページ | 官房長官「中国に賠償請求」 »

ニュース」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 「人食いバクテリア」感染急増、昨年1・6倍に:

« 自民党道議の母親、当選後も生活保護を受給 | トップページ | 官房長官「中国に賠償請求」 »