« 北が経営関与?「平壌レストラン」に破産宣告 | トップページ | 尖閣:購入寄付金、国に渡さぬ意向 石原知事が示唆 »

2012年9月 7日 (金)

パラリンピック:元F1レーサー、ザナルディが自転車で金

毎日新聞 2012年09月06日 20時47分(最終更新 09月06日 23時57分)

自転車ハンドサイクルロードタイムトライアルH4で優勝し、自転車を持ち上げて喜ぶ元F1レーサーのザナルディ=ブランズハッチで2012年9月5日、木葉健二撮影

自転車ハンドサイクルロードタイムトライアルH4で優勝し、自転車を持ち上げて喜ぶ元F1レーサーのザナルディ=ブランズハッチで2012年9月5日、木葉健二撮影

 自動車の元F1レーサーで、01年にカート・シリーズのレース中の事故で両足を切断したイタリアのアレッサンドロ・ザナルディ(45)が5日、パラリンピックに初出場。ロンドン南東のサーキット「ブランズハッチ」で行われた自転車の男子ハンドサイクルロードタイムトライアル(運動機能障害H4)で金メダルを獲得した。

 手こぎの自転車で16キロの走行タイムを競うレースで、10人が1分おきにスタート。各国の報道カメラマンが待ち受けるスタート地点にザナルディが6番目に登場すると、大歓声が上がった。ザナルディは序盤から快調に飛ばし、24分50秒22でフィニッシュ。2位に27秒18の大差をつけた。

 ザナルディは82年にカーレーサーとなり、90年代には最高峰のF1で活躍した。事故後も09年まで特別仕様のマシンで現役を続けたが、07年からはハンドサイクルにも挑戦した。昨年、ニューヨークシティー・マラソンのハンドサイクル部門で優勝するなど国内外で実績を重ね、パラリンピック代表となった。

会場のブランズハッチはレーサー時代も走った思い出の場所。金メダル獲得後、「私の人生の大きな成果になった。この年でこうした経験ができ、私は幸せ者」と語った。7日の個人ロードレースと8日のチームリレーにも出場する。【和田浩幸】

|

« 北が経営関与?「平壌レストラン」に破産宣告 | トップページ | 尖閣:購入寄付金、国に渡さぬ意向 石原知事が示唆 »

オリンピック」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: パラリンピック:元F1レーサー、ザナルディが自転車で金:

« 北が経営関与?「平壌レストラン」に破産宣告 | トップページ | 尖閣:購入寄付金、国に渡さぬ意向 石原知事が示唆 »