« Hey!Say!JUMP:高木と知念がフランス2人旅 | トップページ | 社説:視点・胃ろうと尊厳死 よい人生のため考える »

2012年9月14日 (金)

社説:米大使殺害 テロは決して許されぬ

毎日新聞 2012年09月14日 02時31分

 確かに、趣味のいい映画ではない。イスラム教の預言者ムハンマドを好色で間抜けな人物のように描き、残酷な場面も随所にある。ネットで流される14分弱のダイジェスト映像を見る限り、イスラム教徒が怒るのも分からないではない。

 しかし、だからといって武装集団がリビアの米領事館に押し掛け、米大使らを殺していいはずがない。映画の監督は当初、イスラエル系米国人と伝えられたが、情報は二転三転している。ただ誰が監督であれテロは許されないし、安全を保障されるべき外交官を襲うのは言語道断だ。

 国連安保理声明も言うように、宗教を侮辱してはいけないが、暴力は絶対に正当化できない。14日はイスラム教徒の金曜礼拝が行われ、エジプトやイエメン、パレスチナなどに及んだ抗議行動がさらに広がる恐れがある。関係国・地域の警戒と鎮静化への努力も必要だろう。

 「イスラムへの侮辱」が流血や騒乱を呼んだ例は過去にもあった。80年代末、小説「悪魔の詩」の作者(英国人)に対してイランの最高指導者・故ホメイニ師が「死刑宣告」を出し、同書を日本語に翻訳した五十嵐一・筑波大助教授は91年、同大構内で何者かに殺されている。

 05年にはデンマーク紙がムハンマドの風刺画を掲載し、翌年、同国の大使館や総領事館がシリア、レバノンで放火されるなどの騒ぎになった。欧州でもイスラム教徒の抗議行動が続いて宗教的対立が深まった。

続く

http://mainichi.jp/opinion/news/20120914k0000m070131000c2.html

|

« Hey!Say!JUMP:高木と知念がフランス2人旅 | トップページ | 社説:視点・胃ろうと尊厳死 よい人生のため考える »

経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 社説:米大使殺害 テロは決して許されぬ:

« Hey!Say!JUMP:高木と知念がフランス2人旅 | トップページ | 社説:視点・胃ろうと尊厳死 よい人生のため考える »