« 橋下市長肝いり策なのに…学校の扇風機3台落下 | トップページ | 大熊町"5年帰らない"案可決 »

2012年9月21日 (金)

スリーマイル島原発、大音響発し突然停止

【ケンブリッジ(米マサチューセッツ州)=中島達雄】米ペンシルベニア州にあるスリーマイル島原子力発電所1号機で20日、冷却水のポンプが突然停止したのに伴い、原子炉が自動停止するトラブルがあった。

 周辺住民に聞こえるほどの大きな音がして、蒸気が外部に放出されたが、同原発を運営するエクセロン社は「原子炉は必要な時には自動停止する仕組みになっており、周辺住民の健康や安全性には問題ない」としている。米原子力規制委員会(NRC)が原因や影響を調べている。

 同原発では2号機で、1979年、炉心溶融事故が起きた。

(2012年9月21日12時02分  読売新聞)

|

« 橋下市長肝いり策なのに…学校の扇風機3台落下 | トップページ | 大熊町"5年帰らない"案可決 »

原発関係」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: スリーマイル島原発、大音響発し突然停止:

« 橋下市長肝いり策なのに…学校の扇風機3台落下 | トップページ | 大熊町"5年帰らない"案可決 »