« 原子力規制庁長官に池田前警視総監を起用へ | トップページ | キャンプで児童蹴る…傷害容疑のPTA会長逮捕 »

2012年9月12日 (水)

仕方がない…橋下市長、新党代表就任批判に反論

橋下徹大阪市長が新党「日本維新の会」代表に就任することに対し、11日の市議会代表質問で異論が出された。

 自民党大阪府連幹事長を務める高野伸生市議は「市長と国政を両立できるのか大きな疑問だ」と批判し、「市長選からまだ10か月。260万人市民の明るい未来に責任ある市長の仕事は、とても片手間ではできない」と指摘した。

 これに対し、橋下氏は「国政政党の自民、民主がしっかり政治をやってくれないから、仕方なく(新党を)設立することにした。自分が(国政進出を)やらなきゃ仕方がない」と反論した。

(2012年9月11日23時55分  読売新聞)

|

« 原子力規制庁長官に池田前警視総監を起用へ | トップページ | キャンプで児童蹴る…傷害容疑のPTA会長逮捕 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 仕方がない…橋下市長、新党代表就任批判に反論:

« 原子力規制庁長官に池田前警視総監を起用へ | トップページ | キャンプで児童蹴る…傷害容疑のPTA会長逮捕 »